top of page
  • 執筆者の写真Yucony

「ゴスペルの歴史を知ろう①」開催報告

更新日:5月10日

2024年5月8日、ボーカル/ボイストレーナーでもあり自らもシンガーとしてご活躍中の吉田紀子先生をお迎えし、世界史クラスの特別講座として「ゴスペルの歴史を知ろう①」を開催いたしました。


映画『天使にラブ・ソングを』で一躍有名になったゴスペルですが、「そもそもゴスペルって何?」、「黒人とキリスト教との関係は?」など、皆さんも一度は疑問に思ったことがあるであろう疑問に色々とお答えいただくだけでなく、先生がニューヨークで実際に黒人教会に行くことになった経緯(いかに観光客が簡単に行ける場所ではないかということを知り、驚きました)、何百人もの信者たちの目の前で堂々とゴスペルを披露し、スタンディングオベーションを浴びたエピソードなど、貴重なお話をたくさんシェアしていただきました。


先生がニューヨークでアルバム(翻訳コンシェルジュのHPにて販売中)を収録された際、散々打ち合わせをして練習もしていたにもかかわらず当日収録不可になった幻の一曲についてもお話いただきました。


コーチングプランおよびアカデミックサロン(グループレッスン)の方はアーカイブをご覧いただけます。「役に立った!面白かった!」という方はお気持ちを頂戴できますと大変助かります。


宗教の話はタブーとはよく言いますが、何も知らないことと、知ったうえで適切に会話のトピックを選べることは違うと改めて感じました。


今回色々調べているなかで観たい映画がいくつかできました。昔から(実は幼少期から)かなり映画は観てきた私ですが、翻訳コンシェルジュとして独立してからの9年間はほとんど観ることが出来ず(コロナ禍だけ少し観られましたね)……。今年も引き続きバタバタはしていそうですが、少しでも時間を作って、興味がある映画くらいは観る時間を作りたいなと思いました。


参加者の皆様からは


聖書を読んでいるので興味深かかった。
紀子先生の黒人教会で歌った度胸に感服しました。
ゴスペルは『天使にラブソング』の影響もあり、ただただ楽しいというイメージが強かったのですが、自分が思っているよりも黒人の方の教会や歌への気持ちが強い(深い)と感じました。身近に、自分と違う人種が増える、扱いが変わる気持ちの変化は自分にも通ずるところがありたくさんの気付きがありました✨

といったコメントをいただきました。


励みになります!ありがとうございます🙇‍♀️


続編は5/22(水)12:15〜13:00に開催予定です。先生はあと7回くらいあっても話せるほどエピソードがあるそうです👀


閲覧数:51回0件のコメント

Comments


bottom of page