top of page
  • 執筆者の写真Yucony

世界史特別講演『シンボル利用から考察するアメリカの歴史と人種差別』開催報告

2024年4月25日(木)、世界史レッスンの一環として、ハンブルク大学への留学から戻られたばかりのHitomiさんによる特別講演を開催いたしました。レッスンの中で何度か英語の論文を見せていただいたことがあり、大変興味深い内容を学ばれていることは知っておりましたので、私だけでなく生徒さんたちにもお話を聞かせて差し上げたいとずっと思っていました!世界史で南北戦争について学んだ直後というこのタイミングで講演をお願いすることが出来て、本当に良かったなと思っています。


突然の申し出を、ものの数秒で快諾いただき、当日は21ページもの資料を朝までかかってご用意いただき、さらに45分という短い時間でピッタリお話くださったHitomiさんには、感謝の気持ちしかありません。と同時に、プロ意識の高さと仕事のクオリティの高さに、私も学ぶところがたくさんありました。


Hitomiさん、素晴らしい講演をありがとうございました。


お時間が合わなかった方はぜひ録画をご覧ください(お気持ちをいただける方はHPより単発グループレッスン1100円をお支払いいただけましたら助かります。また、メンバー以外の方も単発でお申込みいただけましたらリンクをお送りいたします)。


余談ですが、今日改めて英検準一級の過去問を解いており、こちらのリーディング3がまさに昨日伺った奴隷の話(奴隷は財産であり、生まれた子供は売られることも少なくなかった)だと気付き、アカデミックサロンをやっていることで英検のリーディングの読み方までこんなに変わるのかと感動しました。



「読み方」には色々あり、ほとんど読まない斜め読みは私の得意分野です(30秒で大意を掴み、その代わり問題を解く方はじっくり時間をかけてとことん証拠を探す)が、一度学んだ内容については、学ぶ前と同じ読み方は出来ないんだなあと実感しました。


【今回の講演内容】

南北戦争から今に至るまでの南部の誇りと南軍旗、白人至上主義が関わる事件や現代への繋がり


【Hitomiさんプロフィール】

放送大学に3年次編入、2022年3月卒業。2022年4月より埼玉大学 人文科学社会研究科 文化環境専攻欧米文化コースにてアメリカ研究を専門に研究中。修士論文は、アメリカ ミシシッピ州の州旗変更をテーマとして執筆予定。2023年9月よりドイツ ハンブルクのハンブルク大学に交換留学。趣味は映画鑑賞、海外ドラマ鑑賞、テーマパーク巡り。


なお、特別講座第二弾もあります。5/8、5/22(水曜日)1215-1300は、吉田紀子先生にゴスペルの歴史と本場ニューヨークの黒人教会でのエピソードをお話しいただき、有名な(&有名ではなくても先生のとっておきの)ゴスペルの曲をいくつかご紹介いただきます。木曜日の世界史のお時間帯はお仕事のため、水曜日の実施になります⚠️ご注意ください💡


ご参加お待ちしております。




閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page